車の修理代って、修理箇所や内容によってビックリするような金額になることがあります。

この前、SUZUKIハスラーをバックしたら自宅の細いポールにぶつけてしまったんです。

外から見た感じはこんな状態です。

ハスラーの修理

凹みなどは見られませんが、黒いボディパーツ部分にズレがあることが分かります。

でも、パッと見ただけでは、外見上はぶつけたことが分からないくらいだと思います。

なんて思ってたら、実は故障の具合としては結構なダメージを受けていました。

故障の症状としては、バックドアが開かない状態になっていました。

外見だけみたら何ともないのに、バックドアが開かないんです。

まあ、ちょっとした故障でバックドアが開かないんだろうと、ハスラーを購入したディーラーに持ち込み修理見積もりをもらうことにしました。

その修理見積もりを見て、腰が抜けそうになりました。

 

えっ!?40万円もするの???

これがビックリの修理見積金額です。

ハスラー修理見積もり

419,034円(税込)

とにかくビックリして言葉が出ませんでした。

 

SUZUKIディーラーのメンテナンスの人に修理内容を聞いたら、バックドア全体を交換しないといけないということです。

外から見たら破損していないけど、内部のセーフティーゾーンみたいなところが破損しているそうです。

あんまり親切な人じゃなくて、専門用語をいろいろ使われて修理内容の説明を受けたのでよく分かりませんでした。

 

それでもいきなり40万円以上の修理代を宣言されて、正直困り果ててしまいました。

40万円なんてお金はすぐには用意できないし、修理をするとしたらどこかでお金を借りるしかありません。

とりあえずは走行自体には問題はないということだったので、当面はこの状態のままで利用することにしました。

 

SUZUKIの車ってどうよ!?

知り合いに今回のことを話したら、その人の兄弟もスズキハスラーのバックドア修理で40万円くらい請求されたそうです。

やっぱり高いから、町の自動車修理工場で廃車からバックドアの部品を取ってもらったりして安く修理したみたいです。

SUZUKIの車って壊れやすいというのも聞くし、修理代金も高いってことも分かりました。

もうSUZUKIの車に乗ることはないと思います。

と、決心したのはいいけど、そうはいっても修理しないわけにはいきません。

来年には車検が待っていますので、そこまでには修理しないと車検に通らないかもしれません。

YAHOO!知恵袋とかで調べたら「バックドア開かなくても車検に通った」という口コミもありましたが、こればっかりは車検に出してみないと分かりませんもんね~。

 

やっぱり修理をしよう!

ということで、やっぱり修理をすることにしました。

しかし、SUZUKIのディーラーで40万円も払うのは嫌なので、オートバックスやイエローハットか町の自動車修理工場などに修理見積もりをもらって比較します。

修理代金が15万円以上だったら、保険を利用することにします。

どちらにしてもお金を借りる必要があるので、お金の借入先も探さなければなりません。

車の修理代金のなので、銀行のマイカーローンを利用することができます。

修理見積もりをもらってからの申し込みになるけど、それまでに借入れ候補を絞り込んでおこうと思います。

金利が安くて保証料も込みのマイカーローンで、一番金利が安い借入先を見つけたいです。

もちろんローン審査に通るかどうか分かりませんが、金利比較して3つほど借入先をピックアップします。

WEB申し込みができて来店不要なら、手間なく申し込みから振り込みまで完了しますもんね。

 

来店不要のマイカーローン(全国対応)

損保ジャパン日本興亜
静岡銀行マイカーローン
住信SBIネット銀行

 

でも、マイカーローンを借りるなら、車を買い替えてもいいかなって思います。

1回目の車検が来年なのでそこまでは今のままで乗って、車検のタイミングで買い替えをしようかと。

下取り価格はほとんどつかないだろうけど、今回の件でSUZUKIの印象が悪くなったので・・・。

お金がないのに車の買い替えってのもどうかってことだけど、気分的に気持ちよくドライブできません。

とりあえずは修理代金がどれくらいか次第なので、先ずは修理見積もりを取ってまわります。

また、進行があったら、こちらに追記しますね。