勤めている会社の労働組合が、中央労働金庫に出資しているならば労金のマイカーローンを利用するのも1つの方法かもしれません。

労金のマイカーローンである「カーライフローン」は、団体会員の構成員の方は優遇金利を受けることができます。

・団体会員の構成員の方:年2.2%+別途保証料 年0.7%
・生協会員の組合員の方:年2.2%+別途保証料 年1.2%
・上記以外の一般の勤労者の方:年2.7%+別途保証料 年1.2%

労金のカーライフローンは、融資金額が最高1,000万円と高スペックで、返済期間も最長10年というのも魅力です。

 

審査について

団体会員の構成員ならば、比較的審査も通りやすいかもしれません。

しかし、注意すべきこともいくつかあります。

1つは、その会社を退職した場合に優遇金利が適用されないということです。

この場合一般勤労者の金利が適用されることになるかもしれませんので、気になる人は労金へ確認していおきましょう。

また、団体会員の構成員以外の方や生協会員内組合員以外の方は、労金のカーライフローンを利用する場合「中央ろうきん友の会」に入会しなければなりません。

または中央労金の個人会員(最低出資金1,000円が必要)となる必要があります。

金利が自社にて優遇されたりすることがない場合は、日立キャピタルや損保ジャパンなどの低金利マイカーローンを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

金利比較してみると他にも安いマイカーローンはありますし、借入条件などもしばりが多いのがちょっと気になります。

公式サイトはコチラ

低金利マイカーローンはコチラ