自動車をローンを組んで購入する場合、ディーラーから言われるままにローンを組むと大損する可能性があります。

というのは、ディーラーがすすめるローン会社の金利は、一般の金融機関のマイカーローンと比べると高いことが多いからです。

新車の購入に合わせて手続きができるというメリットはありますが、少しでも安く自動車を購入したいのなら、面倒でも金利を比較し、金利の低い金融機関からマイカーローンを組むことが大切です。

金融機関は銀行、信用金庫、担保、信販会社などがありますが、安心感と金利の低さでは銀行がおすすめです。

たとえば、高知県を中心に店舗を展開している四国銀行では、金利引き下げキャンペーンを実施中です。

平成28年3月31日(木)までにお申込の方は、保証料は不要で、キャンペーン金利2.4%が適用されます。

さらに、カードローンまたはフォーシーカードを契約していると金利が0.1%引き下げられて2.3%に、カードローンとフォーシーカードの両方を契約していると0.3%引き下げられ金利は2.1%になります。

金利が保証料込で2%前半というのは、非常に低いと言えます。

現在の最新金利情報はこちら

 

また、四国銀行マイカーローンの特徴として、融資を受けることができる年齢制限が満20歳以上から満70歳以下の方で、最終ご返済時の年齢が満75歳以下と、上限の年齢が高めに設定されていることです。

年金収入がきちんと見込めればローンを組んでも大丈夫ということです。

融資枠も5万円以上1000万円以内(1万円単位)と、銀行ならではの1000万円と高額融資が可能となっています。

さらにユニークなのは、希望により年利率0.3%の負担で、団体信用生命保険に加入することもできることです。